【初心者必見】サッカーで膝を柔らかく使うための3つの極秘練習法

ドリブル

【本日の悩み】

 

  • サッカーで膝を柔らかく使う方法が知りたい

 

こんな疑問をお持ちの

お子さんのサッカーを応援している

勉強家のパパ向けに、

今回は記事を書いていきます。

 

※ぼく自身については、

こちらのプロフィールに詳しく

まとめているのでご覧下さい。

 

サッカーをやっていく上で、

膝の柔らかさがとても重要になるって

事を知っていますか?

 

もしかするとチームの監督やコーチから、

 

「サッカーは膝の柔らかさが重要だぞ」

 

ってお子さんは言われた経験が

あるかもしれません。

 

そもそも膝の柔らかさが

なぜサッカーでは重要になってくるのか?

 

それは、

【ドリブルに深く関係】

してくるからですね。

 

そこを今回は深堀していきます。

 

記事の内容としては、

  • サッカーで膝が柔らかく使う重要性
  • サッカーで膝を柔らかく使う3つの〇秘上達方法

 

こちらの2つについて

説明していきます。

 

お子さんが膝を柔らかく使えると、

サッカーの幅が広がります(^^)bb

 

スポンサーリンク

サッカーで膝を柔らかく使う重要性

 

膝を柔らかく使う

 

まずは、

膝を柔らかく使う方法を説明する前に、

なぜサッカーでは膝を柔らかく

使うことが大切になってくるのか、

重要性からお伝えしますね。

 

以前、ぼくの息子がチームの監督に

 

『サッカーは、膝の柔らかさが重要だ!』

 

って言われているのを耳にした時、

「どうやって膝を柔らかくするんだ?」

と疑問を抱いた事がありました。

 

でも、しばらく考えているうちに、

膝を柔らかくするという意味ではなくて

「膝を柔らかく使え」

って事に気づいたんですよね。笑

 

サッカーで言うところの

膝を柔らかくすると言うのは

 

『膝を柔らかく使う』

 

と捉えて下さい。

 

膝を柔らかく使えない

ドリブルが苦手なこどもの特徴は、

 

常に足に力が入っているのでボールを蹴ってしまい足からボールが離れる = ボールを失ってしまう

 

という部分に繋がってしまいます。

 

ドリブルをする時に

大事になってくるポイントは、

 

「ボールを蹴る」ではなく「ボールは膝を使って柔らかく押し出す」イメージが重要です。

 

 

こちらのネイマールのドリブルをご覧下さい。

 

ドリブルが上手過ぎて見とれてしまいますが、

ここで注目すべき点は、【膝】。

 

膝をよ~く見て下さい!

 

 

どうですか?

 

常にドリブルをする時は

膝が曲がった状態でボールタッチが

柔らかく足にボールが吸い付いている

みたいですよね?

 

この域に到達するには、

才能や並外れた努力が必要ですが、

是非、このネイマールのドリブル動画を

お子さんに見せて下さい!

 

たとえ今できなくても、

イメージする事はどんなスポーツでも

とても大切になります。

 

スポンサーリンク

サッカーで膝を柔らかく使う3つの〇秘上達方法

 

サッカーで膝を柔らかく使う3つの練習方法

 

ドリブルと膝の関係性が重要という

ことが分かったところで、

ネイマールのような膝を柔らかく使う

ためにはどんな練習方法があるのか

3つ紹介していきます!

 

【3つの練習方法】

  1. ボールタッチ
  2. リフティング
  3. コーンドリブル

 

この3つは、

ドリブルに特化したクラブチーム

が行っている練習方法で、

パパ練でも息子と練習しています。

 

では、それぞれについて

簡単に説明していきます。

 

①ボールタッチ

 

色々なボールタッチ練習

 

サッカーをやり始めた当初は

こどもはボールに慣れていないので、

ボールタッチの練習がとても有効です。

 

ボールタッチはサッカーをやる上で基本中の基本で、場所をとらずどこでもボール1つあれば練習が出来るので、ボールに慣れるという部分ではうってつけの練習です。

 

色々なボールタッチが身に付けられれば、

膝を柔らかく使ったドリブルも修得可能です。

 

ボールタッチの重要性については、

こちらの記事に詳しくまとめています!

 

☞ 初心者の子供はサッカーのボールタッチ練習が超大事!なぜなら〇〇が上達 ☜

 

②リフティング

 

リフティングの効果と上達のコツ

 

リフティングは膝を柔らかく

使う感覚を養うためには、

とても有効な練習方法です。

 

「えっ?リフティングはドリブルと関係ないんじゃん」

 

ってもし思ったなら、

それは違います。

 

息子の通うサッカーチームは、

個人能力を高めることに特化した

クラブチームなんですが、

毎日リフティングの練習を欠かしません。

 

リフティングと言っても

インステップだけではありません。

 

インサイドアウトサイドもも

など

 

足でできる部分全てを使って、

リフティングをやります。

 

これらのリフティングが出来るように

なってくれば、膝を柔らかく使った

ボールコントロールやボールタッチが

自然と身につきます。

 

ドリブルをするためには、

ボールコントロールとボールタッチ

は大事です。

 

ドリブルをする1つ前の

シチュエーションを考えると、

トラップをするときに

ボールコントロールができなければ

ボールを失ってしまいます。

 

試合中はトラップが超大事!

☞ 小学生は必須!サッカー選手が使っている8種類のトラップとコツ伝授 ☜

 

試合中にボールを失ってしまう

こどもには、

なかなかボールが回ってこないのと

試合にでる機会もチームによっては

少なくなってしまうかもしれません。

 

更には、ドリブル中のボールタッチが

大きいと、相手にボールを奪われてしまい、

結果、失点に繋がってしまうかもしれません。

 

リフティングをやれば、

ボールコントロールやボールタッチが

必ず上達し、結果としてドリブルの上達

に繋がります!

 

正直、ぼくはサッカー未経験者なので

リフティングとドリブルの関係性って

全く分かっていなかったんですが、

息子を間近で見ていて

確信へと変わりました。

 

リフティングは本当に大切です!

 

なのであなたも、

お子さんと家でリフティングの

練習をコツコツやってみて下さい!

 

リフティングについては、

これらの記事を参考にしてみて下さい。

 

☞ サッカーのリフティングが100回超えるコツとステップアップ練習法 ☜

☞ インサイドリフティングがメキメキ上達する3つのコツ【解説動画付】☜

☞ アウトサイドリフティングがメキメキ上達する3つのコツ【解説動画付】☜

☞ ももリフティングがグングン上達する4つのStepUp法【動画付】☜

 

 

③コーンドリブル

 

サッカーのドリブルが上達する練習法って?【小学生編】

 

膝を柔らかく使ったドリブルを

身に付けさせる為には、

コーンドリブルも有効です。

 

最初のころは、

並べたコーンをゆっくり正確に

ジグザグしながらドリブルします。

 

少しずつ慣れてきたらスピードを上げ、

スピードを上げてもボールが足から

離れないように細かいタッチを

意識させながら練習させて下さい。

 

コーンドリブルをする時は、

先ほどのネイマールの動画のように

膝の使い方を少し意識させながら

練習させると良いですね。

 

こどもの膝が真っすぐ棒のように

なっていてはドリブルはできません。

 

それと、慣れてきたときに

もう一つ意識させて欲しいポイントが

ただ単にジグザグドリブルする

のではなくて、三角コーンを敵だと

思ってやらせることが大切です。

 

サッカーはイメージ力も大事!

 

意識という部分は、

わりと年齢に関係なく

幼稚園児からでもできますし、

意識をしながら練習をやるだけで

上達速度は圧倒的に変わってきます。

 

我が家では練習道具の1つに三角コーンも

しっかり揃えてパパ練をやっています!

 

☞ 子供のサッカー能力が劇的に向上した〇秘練習道具【10選】 ☜

 

 

コーンドリブルの練習については

こちらの記事を参考にしてみて下さい。

 

☞ サッカーのドリブルがメキメキ上達する4つの練習法【小学生編】☜

 

 

以上が、膝を柔らかく使うための

3つの練習法についてですが、

これらの練習をチームの練習以外で

コツコツ息子にやらせた結果、

1年間で見違えるほどドリブルが

上達しましたよ~☆

 

是非、パパ練でお子さんと

練習してみて下さい!

 

まとめ

 

今回は、

  • サッカーで膝を柔らかく使う方法が知りたい

 

こんな疑問をお持ちの

お子さんのサッカーを応援している

勉強家のパパ向けに、

記事を書きました。

 

簡単にまとめると、

 

①サッカーにおいて膝を柔らかく使うことで、ドリブルが上達します。

 

②膝を柔らかく使えるようになるためには、3つの練習方法があります!

  • ボールタッチ
  • リフティング
  • コーンドリブル

 

以上が、今回の全ての内容になります。

 

サッカーを始めた当初は

ボールに慣れていないので、

なかなか膝を柔らかく使った

思い通りのドリブルが出来ません。

 

しかしながら、

今回紹介してきた3つの練習を

やることでこどものドリブルは

みるみる上達していきます。

 

ただし、

一朝一夕に出来るわけではないので、

コツコツの練習が大切です!

 

是非、意識を高くもって

日々の練習に取り組みましょう(^^)bb

 

こどものサッカー能力を活性化

させるために、

サッカーで活きるアジリティトレーニング

についてまとめた記事もありますので、

よければご覧下さい!

 

☞ サッカーのアジリティトレーニング!未知数な子供の潜在能力UP法 ☜

 

では、最後までご覧頂き

ありがとうございました m(_ _)m

 

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました